お知らせ

2013年3月28日 (木)

思考のポイエーシス177:モンテーニュの臭さ

 モンテーニュは自分の弱さを卑下しながら、こんなふうに書いている。
《危険と直面すると、わたしの場合、どうやってこれを逃れようかと考えるよりも、むしろ、これを逃れることなど、どうでもいいことではないかという風に発想する。そして、このままだと、はたしてどうなるのだろうかと考えるのだ。できごとを調整できなければ、自分自身を調整するのだし、できごとがわたしに合わせないのなら、こちらから合わせにいく。運命をかわしたり、逃れたり、ねじ曲げたり、先見の明をもって、ことがらを自分の有利な方向に導くといった才覚を、わたしはほとんど持ち合わせてはいない。そのようなことに求められるつらさや気苦労に耐えるだけの忍耐力などは、さらに持ち合わせていない。》(ミシェル・ド・モンテーニュ[宮下志朗訳]『エセー5』87ページ)
 わたしもときにそんな気になるが、実際はそんな遁辞を言っていてすまされるようなわけにはいかない。モンテーニュの出自と環境がこんな悠長なことを書いていられるのだから。このような記述こそルソーがもっとも嫌うものだろう。
 ルソーは『孤独な散歩者の夢想』のなかでこんなことを書いていたではないか。
《わたしはいつもモンテーニュのいつわれる無邪気さを笑っていた。彼は自分の欠点を白状するようなふりをしながら、ただ好ましい欠点しか暴露しないように用心しているのだ。》(岩波文庫、181ページ)
 ルソーのように逆境に身をさらされつづけた人間だからこそ、このモンテーニュの臭さがよく見抜けたのだ。(2013/3/9)

(この文章は「西谷の本音でトーク」の同題の文章を転載したものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

お知らせ

●〈思考のポイエーシス〉開設にあたって

 1989年以来〈思考のポイエーシス〉として断続的に書いてきた文章を公開することにしました。内容は文学(とくに詩)、哲学、批評に関連する思索・思考を断章ふうに並べたものです。一部は活字になったものもあります。ひとつのテーマについて一日で書いてしまうという原則にもとづいて思考のトレーニングとして書いてきたもので、何度も大なり小なりの断絶を経てきましたが、最近これを復活することにしました。書かれた日付順になっています。
 なお、時間がたっているものについてはいまの時点で訂正や追加の必要のあるものもありますが、これもそのまま掲載していきます。
 また、ご意見があればおおいに尊重させてもらいますが、特別な場合を除いては直接的な返答は避け、新たな思考の展開ができるようであれば、そのなかで回答できるかもしれません。読者の皆様の来訪をお待ちしております。
(2008年3月9日、西谷能英記)

※記事中の_¨文字列¨_の表記は傍点を示し、_^親文字【ルビ文字】^_はルビを示します。ほかにイタリック表示、ゴチック表示はHTML表記の原則に準拠しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)