« 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/15 »

2020年9月14日 (月)

思考のポイエーシス・日録篇2020/9/14

濱浦恵美子さんにE-mailで『季刊 未来』秋号の表4の『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』の内容説明をもともとの改行形式にしてもらいたい、と連絡。~濱浦さんより返信E-mail。校正はあす出るとのことも伝える。~再E-mailでPDFとどく。確認してOKの連絡E-mail。~濱浦さんからE-mailでデータ入校の連絡。~金子さんに転送E-mail。
   *
萩原印刷・金子さんよりtel。『季刊 未来』秋号の再校が出校したとのことで、1時に行くことに。~12時40分すぎ、萩原印刷へ。『季刊 未来』秋号の出張校正、スミ。責了に。
   *
菅野昭正先生の『小説と映画の世紀』連載第第七回「メコン河を遠く離れて――マルグリット・デュラス『愛人』」の通読10ページ。
   *
『図書』9月号に目を通す。
   *
伊良波盛男小説集『神歌【カンヌアーグ】が聴こえる』の「海を越えて」のはじめ~。補陀落渡海の話。
   *
フレドリック・ジェイムソン『言語の牢獄――構造主義とロシア・フォルマリズム』の「III 構造主義の冒険」の2節の途中~3節の途中。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/15 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/9/15 »