« 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/2 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/4 »

2020年8月 3日 (月)

思考のポイエーシス・日録篇2020/8/3

齋藤雅俊さんより『自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ』初校校正もどる。~赤字は少ないが、1行あけの箇所がかなりあり、傍注もふくめて移動がになり、ややこしいので再校をとることに。~齋藤さんに返信E-mailでゲラ受取り、データファイルの件その他の不明点につき、問合せ。~萩原印刷・金子さんにtel。いちおう要再校でもどすことにし、帰りに取りに来てもらう。
   *
中島浩さんよりE-mailで四六判のサイズの確認。『自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ』のデザインは進めてくれている由。~返信E-mailで連絡。~中島さんより再E-mailで、あすには見せられる由。~のち、E-mailで装幀案とどく。斬新。~中島さんに返信E-mailで、これですすめてほしいと返事。
   *
湯浅博雄『贈与の系譜学』(講談社選書メチエ) の第IV章の2節~4節を読む。第IV章、終り。贈与、サクリファイスの不可能性とそれゆえの可能性。
   *
宗近真一郎『詩は戦っている。誰もそれを知らない。』のIIIのレヴュー集のつづき~IVの時評の途中。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/2 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/4 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/2 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/8/4 »