« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/17 »

2020年7月16日 (木)

思考のポイエーシス・日録篇2020/7/16

高橋君が修正してくれた『自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ』のファイル・チェックと追加修正のつづき。第5章の途中~第7章、あとがき。ひとまず終わるが、引用処理のところを再チェック。仮ゲラ印刷107枚+注6枚。組み指定書も作成&印刷。奥付も作成。きょう入校へ。
   *
『孔雀船』96号に目を通す。望月苑巳編集・発行誌。
   *
仲里効さんよりtel。『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』がもう届いたとのこと。夫人からもお礼のtel。コロナのせいで辺野古の米兵たちもおとなしくなっているとのこと。
   *
詩「編集者」を書きはじめる。
   *
シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (下)』(岩波文庫)の二十八節のつづき~終り。ジェインは乞食状態から救われる。
   *
カルロ・ギンズブルグ[上村忠男訳]『それでも。マキァヴェッリ、パスカル』の「第七章 マキァヴェッリ、ガリレオ、検閲」の10節~13節、後記を読む。この章、終り。
   *
チャールズ・K・オグデン/アイヴァー・A・リチャーズ『意味の意味』(叢書名著の復興)の「第二章 言葉の力」のつづき~終り。著者たちはアリストテレスをかなり激しく批判している。後世への有害な影響、と。
   *
宗近真一郎『詩は戦っている。誰もそれを知らない。』読みつぐ。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/17 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/17 »