« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/28 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/30 »

2020年7月30日 (木)

思考のポイエーシス・日録篇2020/7/29

仲里効さんよりE-mailで『遊撃とボーダー――沖縄・まつろわぬ群島の思想的地峡』20冊とどいた由。沖縄タイムスと琉球新報には2-3週後には掲載予定とのこと。
   *
萩原印刷・金子さんよりtel。第二次『走都』5号の表紙プルーフを持参がてら本文の責了紙を引取りに6時に来るとのこと。~22ページ末尾の「言語隠喩論」既発表一覧のデータをE-mailで送付。~6時すぎ、金子さん、来る。すべて責了でもどす。8月11日の見本は午後に持てるだけ持って来てもらうことに。
   *
湯浅博雄『贈与の系譜学』(講談社選書メチエ) の第I章の途中~第II章の2節の途中。
   *
宗近真一郎『詩は戦っている。誰もそれを知らない。』のIIの時評のつづき~。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/28 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/30 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/28 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/30 »