« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/9 »

2020年7月 8日 (水)

思考のポイエーシス・日録篇2020/7/8

『59』21号に目を通す。金井雄二が送ってくれる。金井のエッセイでくりはらすなをという詩人は栗原澪子さんの娘ということを知る。木坂涼の姉でもあると。
   *
萩原印刷・金子さんよりE-mailで第二次『走都』5号の野沢啓「詩を書くことの主体的選択――言語隠喩論5」の初校PDFとどく。予定通り15ページ。~とりあえず印刷。~のち、ゲラの読み直しと最終加筆。末尾のアキに「言語隠喩論」既発表一覧を追加。ちょうどピッタリになる。
   *
藤井貞和『〈うた〉起源考』の第IV部「歌姫記」第十五章~第十七章を読む。
   *
『カント全集 第三巻 前批判期論集(二)』の「可感界と可想界との形式と原理」の第三章第一三節~第一五節と系を読む。第三章、終り。ここで時間と空間は純粋直観であるという『純粋理性批判』での前提が規定されている。
   *
シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア (上)』(岩波文庫)の二十節のつづき~終り。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/9 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/9 »