« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/27 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/29 »

2020年7月28日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2020/7/28

『自己責任という暴力――コロナ禍にみる日本という国の怖さ』のチェックのつづき~終り。齋藤雅俊さんにメッセージ(「ハガキ2020.txt」)をつけてゲラと元原稿をレターパックライトで送付。中島浩さんにも同じようにメッセージをつけて控えを送付。
   *
『アリゼ』197号に目を通す。
   *
湯浅博雄『贈与の系譜学』(講談社選書メチエ) 読みはじめる。はしがき~プロローグ~第1章の途中。ここでも湯浅節が展開されている。
   *
宗近真一郎『詩は戦っている。誰もそれを知らない。』のIIの時評のつづき~。
   *
「『走都』寄贈リスト.xlsx」を5号発送用に削除と追加。~ラベル屋さんで既成ファイルを呼び出してデータの読み込みで該当の新ファイルを読み込ませ、別名保存。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/27 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/29 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/27 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/7/29 »