« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/9 »

2020年2月 8日 (土)

思考のポイエーシス・日録篇2020/2/8

桂川幾郎詩集『偶然【たまたま】という名の現在【いま】なの』通読。いのちという問題にこだわりをみせた詩集と言えようか。同年齢のものとして感慨が湧く。『単独者鮎川信夫』『発熱装置』を読んで送ってくれたもの。
   *
イマニュエル・カント『純粋理性批判 (中)』(岩波文庫) の「I 先験的原理論」の「第二部門 先験的論理学」の「第二部 先験的弁証論」の「第二篇 純粋理性の弁証的推理について」の「第二章 純粋理性のアンチノミー」の第六節~第七節を読む。
   *
デュラス・ミッテラン対談集の仮ゲラの赤字のファイル修正つづける。第5章「ヌーヴェル・アングレーム」のつづき。
   *
フランス著作権事務所より "Le Bureau de Poste de la Rue Dupin et autres entretiens" の契約書とどく。
   *
下北沢の“ほん吉”でルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン『反哲学的断章――文化と価値』、アリス・アンブローズ編『ウィトゲンシュタイン講義 ケンブリッジ1932-1935年――アリス・アンブローズとマーガレット・マクドナルトのノートより』(講談社学術文庫)を買う。
   *
夕方、恵比寿で仏文科の旧友たちと会い菅野昭正先生の卒寿を祝う食事会に参加。終了後も遅くまで二次会。
   *
思潮社の高木君よりtel&E-mailで『現代詩手帖』用に書いた日本近代文学館のレヴュー原稿のゲラPDFを送るので、さらなる追加および修正ができないか、との相談。~ゲラPDFを印刷。6行分削除して10行分190字弱を加筆。高木君にE-mailで返信。
   *
『ウィトゲンシュタイン全集8』で『哲学探究』の19節~24節を読む。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/9 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/7 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/9 »