« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録2020/2/25 »

2020年2月24日 (月)

思考のポイエーシス・日録篇2020/2/24

イマニュエル・カント『純粋理性批判 (中)』(岩波文庫) の「I 先験的原理論」の「第二部門 先験的論理学」の「第二部 先験的弁証論」の付録「純粋理性の理念の統整的使用について」のつづき~終り。
   *
夏目漱石(三好行雄編)『漱石文明論集』(岩波文庫) の講演「教育と文芸」を読む。
《日本における文学といえば先【まず】小説戯曲であると思います。》(190ページ)
漱石にしてこんなことを言っている。
   *
きのう書きはじめた「言語隠喩論3」の原稿の読み直しと加筆。さらにとりあえず終りまで一気に26枚半ほど書く。これだと『季刊 未来』春号に8ページ分として掲載可能。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録2020/2/25 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録2020/2/25 »