« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/10 »

2020年2月 9日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2020/2/9

桂川幾郎詩集『わたし は わたし か ?』通読。古い詩集。軽いノリの短詩が多く、あっさりと読めてしまう。
   *
思潮社・高木君より返信E-mailで夜中に送った『現代詩手帖』3月号の日本近代文学館のレヴュー原稿の追加と修正を受取りの返事。これで進めたい、と。
   *
イマニュエル・カント『純粋理性批判 (中)』(岩波文庫) の「I 先験的原理論」の「第二部門 先験的論理学」の「第二部 先験的弁証論」の「第二篇 純粋理性の弁証的推理について」の「第二章 純粋理性のアンチノミー」の第八節~第九節のはじめ。
   *
デュラス・ミッテラン対談集の仮ゲラの赤字のファイル修正つづける。第5章「ヌーヴェル・アングレーム」のつづき。
   *
『ウィトゲンシュタイン全集8』で『哲学探究』の25節~50節を読む。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/10 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2020/2/10 »