« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/15 »

2019年9月14日 (土)

思考のポイエーシス・日録篇2019/9/14

小林康夫さんより返信E-mailで「季刊 未来」秋号の連載「星形の庭の明るい夢(1970-1995)――オペラ戦後文化論II(15)」初校PDFのチェックの結果、これでいいとの返事。校了に。
   *
中島浩さんより」E-mailで『発熱装置』の最終版PDFとどく。~全ページを印刷。2箇所ほど意図とちがうところがあるが、許容範囲。~中島さんに返信E-mailでお礼。思潮社・藤井さんにもCc。これで進めてもらう。
   *
中国の三聯書店より川満信一・仲里効編『琉球共和社会憲法の潜勢力――群島・アジア・越境の思想』翻訳本14冊とどく。ざっと見るが、読めないのでよくわからず。目次だけ縦組みで逆丁なのがおもしろい。~仲里効さんにtel。本を各執筆者7人に1冊ずつ、編者2人に3冊ずつ送ることに。「季刊 未来」冬号から連載を再開してもらうことに。その他近況いろいろ。
   *
上村忠男『ヴィーコ論集成』の「第一部 ヴィーコ――学問の起源へ」の「第1章 ヴィーコの懐疑」のつづき~「第2章 自然学者ヴィーコ」の途中。
   *
『ホメーロス』(古典世界文学1) で『イーリアス』の「第二十四巻」のつづき~終り。ヘクトールの弔い。これで『イーリアス』ようやく読了。
   *
L'Ancient Testament (La Gene`se, L'Exode, Le Cantique des cantiques illustre+' par Marc Chagall) でLa Gene`seの44章(ヨセフとその兄弟たちの葛藤のつづき。兄弟たちはいぜんとしてヨセフが自分たちが殺そうとした兄弟であることに気づかない)を読む。
   *
『単独者鮎川信夫』のゲラを思潮社・藤井さんの訂正案を参考にしながら読み直しと修正をはじめる。序~第2章第一節までスミ。
   *
『世界の名著40 キルケゴール』の「死にいたる病」の「第一編 死にいたる病とは絶望のことである」の「C この病の諸形態」のBのbの「β 絶望して、自己自身であろうとする絶望、反抗」を読む。これで第一編、読了。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/15 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/15 »