« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 »

2019年9月22日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2019/9/22

池井昌樹詩集『遺品』通読。いつものように五七調または七五調のひらがな詩。
   *
『ホメーロス』(古典世界文学1) で『オデュッセイア』の「第二巻」を読む。テーレマコスが父オデュッセウスを探しに出発する。
   *
『世界の名著40 キルケゴール』の「死にいたる病」の「第二編 絶望は罪である」の「B 罪の継続」のはじめ~Bの「A 自己の罪について絶望する罪」を読む。
   *
郷原宏『岸辺のない海 石原吉郎ノート』のテキスト整理のつづき。「季刊 未来」連載時のテキストと秀丸の比較コマンドを使って比較。ノート7~16、参考文献、スミ。石原吉郎年譜は長いので読むのはあすにしてテキスト処理だけスミ。
   *
上村忠男『ヴィーコ論集成』の「第一部 ヴィーコ――学問の起源へ」の「第6章 諸国民の創建者にかんする新しい批判術」のはじめ~。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 »