« 思考のポイエーシス・日録篇2019/8/31 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/2 »

2019年9月 1日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2019/9/1

カルロ・ギンズブルグ[上村忠男訳]『政治的イコノグラフィーについて』の「第五試論 剣と電球――《ゲルニカ》読解のために」のつづき~終り。訳者あとがきも読み、ようやく読了。歴史家の実証的な美術論ということで注も多く、なかなかよみづらいものだったが、ヴァールブルクの図像理論に依拠しているだけに、《ゲルニカ》のファシズムの痕跡なき反ファシズム絵画としての曖昧さなど、さまざまな発見があった。
   *
『加藤尚武著作集第11巻 経済行動の倫理学』の単行本未収録論文「パスカルと金融危機」の加藤尚武マクロによるテキスト一括処理+通読+ファイル追加修正、8ページでスミ。つづけて「ケインズと同性愛」も同様に7ページでスミ。
   *
『川中子義勝詩集』[新・日本現代詩文庫]読みはじめる。このひとはリルケふうで自然主義者らしい。クリスチャンでもあるようだ。
   *
L'Ancient Testament (La Gene`se, L'Exode, Le Cantique des cantiques illustre+' par Marc Chagall) でLa Gene`seの39章(ヨセフへの主人の妻からの誘惑と拒絶)を読む。
   *
『ホメーロス』(古典世界文学1) で『イーリアス』の「第二十二巻」のつづき~終り。アキレウスによるヘクトールの無惨な死。
   *
『世界の大思想24 キルケゴール』で「不安の概念――原罪に関する教義学的問題の方向でもっぱら心理学的に示唆する一考察」の「第四章 罪の不安、あるいは単独者における罪の結果としての不安」のつづき~終り。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/8/31 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/2 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/8/31 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/2 »