« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/25 »

2019年9月24日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2019/9/24

郷原宏『岸辺のない海 石原吉郎ノート』の指定の最終チェックと追加修正いろいろ。入校用仮ゲラ印刷、334ページ分。組み指定書も作成&印刷。~萩原印刷・金子さんにE-mailで送付。
   *
萩原印刷・金子さんよりE-mailで『単独者鮎川信夫』の本文PDFのダウンロードページの案内。~ダウンロード(4. 3MB)。~思潮社・藤井さんにE-mailで送付。
   *
加藤尚武さんにtel。きょうの1時半ごろ、『加藤尚武著作集第10巻 技術論』の見本とどけに寄ることを伝える。~1時ごろ、萩原印刷へ。『岸辺のない海』入校と『加藤尚武著作集第10巻 技術論』の見本8冊、受取り。~1時15分ごろ、加藤さん宅へ。見本渡す。次回配本の『加藤尚武著作集第11巻 経済行動の倫理学』の予定は10月10日ごろに仮ゲラ校正を受け取る予定に。それまでに残りの仮ゲラ渡し。
   *
『加藤尚武著作集第11巻 経済行動の倫理学』の単行本未収録論文のなんだかわからない連載の「第4章 公共財の持続可能性」の仮ゲラ印刷+通読+ファイル追加修正、12ページでスミ。
   *
八木幹夫詩集『郵便局まで』通読。日頃の思いや夢をちりばめながら悠然とうたうスタイルはすでに大家の域に達している。生きものへの目配りも確かで安定した観察力がいい。
   *
『世界の名著40 キルケゴール』の「死にいたる病」の「第二編 絶望は罪である」の「B 罪の継続」の「B 罪の赦しにたいして絶望する罪」のつづき~「C キリスト教を肯定的に廃棄し、それを虚偽であると説く罪」を読む。
《人間が、すなわちめいめいの人間が罪人【つみびと】であり、それも「神の前で」罪人であるという点においてほど、人間が神から区別されている点はない。》(572ページ)
 これで「死にいたる病」も読了。ついでに年譜も読む。
   *
L'Ancient Testament (La Gene`se, L'Exode, Le Cantique des cantiques illustre+' par Marc Chagall) でLa Gene`seの47章(ヨセフはエジプトの民からパンと引き換えに土地を国王のために買い占める))を読む。
   *
上村忠男『ヴィーコ論集成』の「第一部 ヴィーコ――学問の起源へ」の「第8章 バロック人ヴィーコ」のはじめ~。
   *
『ホメーロス』(古典世界文学1) で『オデュッセイア』の「第四巻」のはじめ~。テーレマコスがメネラーオスを訪ねる。ヘレネーが出てきてオデュッセウスの子を認める。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/25 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/23 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/25 »