« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 »

2019年9月12日 (木)

思考のポイエーシス・日録篇2019/9/12

きのうの夜中に作成した「季刊 未来」秋号の郷原宏『岸辺のない海 石原吉郎ノート』のISBNコードを確認。広告ページ(38-39)ページを印刷。さらに「偏執的編集論6」を印刷して読み直し、加筆と修正。これらをPDFにして原稿データとともに萩原印刷・金子さんにE-mail添付で送付。
   *
きのう中島浩さんからE-mailで届いた『発熱装置』の最終修正版をチェック。奥付ページも入っている。追加修正が2箇所あり、その部分をPDFにしてE-mail添付で送付。~中島さんより返信E-mailで修正版とどく。~それを見てくれた思潮社の藤井さんから細かい修正案がとどく。~中島さんにtel。お礼と確認。細かい修正は藤井さんと相談したうえでもういちど頼むことに。
   *
思潮社の藤井さんにtel。『単独者鮎川信夫』のチェックずみ校正と『発熱装置』のチェックずみPDF校正のお礼。台割について問題あり、康之君と確認することに。細かい修正案は可能なかぎり反映するが、表記のブレに見えるものはこちらの原則で対応する。『単独者鮎川信夫』の白焼きは見たいとのこと。小田康之君に代わってもらい、本扉の裏は白か装幀者表示などだけにする業界標準に従ってもらう。雑誌名・新聞名の『』化も了承。白焼きは訂正可能なPDFとともに渡すことに。
   *
萩原印刷・金子さんよりE-mail&tel。「季刊 未来」秋号残り原稿送付の受取り。目次、小林康夫さん、湯浅博雄さんの分のPDFとどく。湯浅さんの分は初校を自宅へ送ってもらうことに。~PDFをいずれも印刷。湯浅さん宅にtel入れ。ゲラを送ってもらったので、休み明けまでに連絡してほしいと伝える。小林さんにはE-mailでPDFを送付。~藤井さんにE-mailで伝える。~『発熱装置』の再チェック。いちおうすべて確定。
   *
上村忠男『ヴィーコ論集成』の「ヴィーコとヨーロッパ諸科学の危機」の途中~終り。ガダマーの「言語意識の基礎的隠喩作用」と、それを超えるものとしてヴィーコの隠喩論が異教世界の最初の人間たちの「詩的知恵」の起源には「すでに構成された世界の内部にあっての語義の転用のことではない」「自己差異化的な転移の作用」としての隠喩の働きをみていることを指摘している。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/9/13 »