« 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/20 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/22 »

2019年5月21日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2019/5/21

鮎川信夫論原稿を入校用仮ゲラで最終読み直し、さらなる加筆とファイル修正のつづき。第1章第一節2~第3章第一節。
   *
「現代詩手帖」4月号、読みつぐ。~了。
   *
『加藤尚武著作集第12巻 哲学史』の仮ゲラ赤字の修正のつづき。加藤さんに疑問箇所につき3度telして確認。『進歩の思想・成熟の思想――21世紀前夜の哲学とは』の「I 科学技術と人間」~「II 進歩から成熟への転換」の5節、スミ。加筆分の追加入力も多い。該当ページを印刷。
   *
季刊文科編集部編『季刊文科セレクション(2)』の荻悦子の短篇小説「ドアが開いて」読む。富裕な家族内の見えない権力関係を微細に描いている。
   *
マルティン・ハイデッガー『ヒューマニズムについて――パリのジャン・ボーフレに宛てた書簡』(ちくま学芸文庫) 読みつぐ。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/20 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/22 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/20 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/5/22 »