« 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/22 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/24 »

2019年4月23日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2019/4/23

加藤尚武さんにtel。きょう12時までに『加藤尚武著作集第8巻 世代間倫理』の索引ゲラを届けに行き、2時すぎに本ゲラとあわせてあらためて引取りに行く予定を伝える。
   *
『加藤尚武著作集第12巻 哲学史』収録予定の『進歩の思想・成熟の思想――21世紀前夜の哲学とは』の通読+ファイル追加修正をつづける。「Prologue 暗夜――新世紀を考えるにあたって」のつづき~終り。7ページ分。
   *
11時半、萩原印刷へ寄り、『加藤尚武著作集第8巻 世代間倫理』の索引のゲラを受け取り、加藤さん宅へとどける。あとで本ゲラといっしょに戻してもらうことに。次の巻の催促も。~萩原印刷にもどり、1時すぎに岸顯樹郎さんも来る。ツキモノ入校を確認。大橋政人著『まど・みちおという詩人の正体』見本受取り。岸さんに2冊渡す。~2時まえ、加藤さん宅へ。本ゲラすべて受取り。25日は10時すぎに『加藤尚武著作集第12巻 哲学史』の仮ゲラを持参することに。~2時15分、萩原印刷へ。受け取ってきた校正の確認~責了に。
   *
萩野正昭『これからの本の話をしよう』の「第2章 なぜ出版、どうしてデジタル」のつづき~。
   *
ジョージ・バークリ『視覚新論 付・視覚論弁明』の「視覚新論」のつづき~。相手の目のなかの倒立像はなぜ正立像でないのか、という議論。
   *
田口麻奈『〈空白〉の根底――鮎川信夫と日本戦後詩』の「第I部 鮎川信夫の戦後」の「死んだ男」論を途中まで読む。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/22 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/24 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/22 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2019/4/24 »