« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/10 »

2018年12月 9日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2018/12/9

バルーフ・デ・スピノザ『デカルトの哲学原理 附 形而上学的思想』(岩波文庫) の「幾何学的方法で証明された哲学原理」第二部のつづき~。
   *
松川穂波詩集『水平線はここにある』通読。まったく未知のひとだが、後半の自伝物語的な展開がなかなかおもしろい。切実なのか、風変わりな経験なのか、詩として書く必然性はあると思う。
   *
小林康夫さんよりE-mailで「季刊 未来」冬号の連載原稿「星形の庭の明るい夢(1970-1995)――オペラ戦後文化論II(12)」とどく。~テキスト処理+通読。5行ほどパンクか。返信E-mailであす早めにPDFで送ることを伝える。~小林さんから了解の返信E-mail。
   *
「季刊 未来」冬号の「偏執的編集論3」の初校のファイル修正。あと1ページ半ほど余っているので、「7 編集タグのいろいろ3」を書く。これで7ページになる。~つづけて「後記」のページ、巻末広告ページ1ページ半、作成。残り1ページ半は前号を流用して一部修正。さらに戸田事務所用の表1、表4のデータを作成。画像は別便にして戸田事務所・濱浦さんにE-mailで送付。これでともかくひと通り終わる。
   *
折原浩さんよりE-mailで『東大闘争総括――戦後責任・ヴェーバー研究・現場実践』の本文再校と人名索引初校の校正を返送したこと、事項索引はとりあえず終わったとのことで添付。
   *
藤井貞和『非戦へ――物語平和論』読みつぐ。「II」部の途中~。藤井の和合亮一擁護はナイーヴすぎないか。機を見るに敏な便乗詩にすぎないのに。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/10 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/9:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/8 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/10 »