« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/23 »

2018年12月23日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2018/12/22

バルーフ・デ・スピノザ『神学・政治論――聖書の批判と言論の自由 上』(岩波文庫) の「第一章 預言について」のはじめ~。
   *
『加藤尚武著作集第8巻 世代間倫理』の『子育ての倫理学――少年犯罪の深層から考える』の高橋さん作成の仮ゲラの通読+ファイル追加修正。「第1章 少年Aの背景――自己危害防止の倫理学」9ページ、スミ。
   *
望月苑巳詩集『クリムトのような抱擁』通読。軽みと古典愛と。望月の個性が楽しめるが、渡りが浅いところは否めない。
   *
神山睦美評論集『日本国憲法と本土決戦』読みつぐ。わたしには評価できない笠井潔や竹田青嗣を神山は買いかぶりすぎていないか。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/23 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/22:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/21 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/23 »