« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/18 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/20 »

2018年12月19日 (水)

思考のポイエーシス・日録篇2018/12/19

萩原印刷より『東大闘争総括――戦後責任・ヴェーバー研究・現場実践』の一部抜きセット、とどく。第二次「走都」3号の「発熱装置(3)」、目次、「受贈著書・詩集・詩誌より」、「後記」の初校、出校。後記が一段組になってしまった。~「走都」3号のゲラ通読。体裁を修正するだけで「鮎川信夫と隠喩の問題」24ページとあわせて36ページ、責了に。
   *
「図書」12月号に目を通す。
   *
『加藤尚武著作集第8巻 世代間倫理』の単行本未収録論文「道徳発達における家庭と学校」の鈴木さん作成の仮ゲラを通読+ファイル修正つづき、9ページ分。この論文もスミ。これで単行本未収録論文が終わったので、いよいよ高橋さん作成の『子育ての倫理学――少年犯罪の深層から考える』の仮ゲラを取り込み、同じく作成途上の『教育の倫理学』をドッキングして「加藤尚武著作集第8巻_本文.txt」を作成。仮ゲラに赤字を入れながら読みはじめる。序章8ページ分、スミ。本との照合がちゃんとなされていない。
   *
神山睦美評論集『日本国憲法と本土決戦』読みつぐ。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/18 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/20 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/19:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/18 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/20 »