« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/17 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/19 »

2018年12月18日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2018/12/18

加藤尚武さんがきのう渡した『加藤尚武著作集第7巻 環境倫理学』の解題の校正を持参しに来社。かなり修正あり。確認してほかとあわせて責了に。
   *
バルーフ・デ・スピノザ『デカルトの哲学原理 附 形而上学的思想』(岩波文庫) の附録として併載された「形而上学的思想」の訳者の解説を読む。この本の背景と位置づけがわかりやすく書かれている。
   *
『加藤尚武著作集第8巻 世代間倫理』の単行本未収録論文「道徳発達における家庭と学校」の鈴木さん作成の仮ゲラを通読+ファイル修正、14ページ分。
   *
永方佑樹詩集『不在都市』通読。グラフィズムや古地図などを多彩に用いてテキストを空間化する試みであり、浅草を歩行のリズムで徘徊する長詩なども読ませるが、読者にはすこししんどいかな。
   *
神山睦美評論集『日本国憲法と本土決戦』読みつぐ。
   *
「現代詩手帖」12月号、読みつぐ。アンソロジーの部分、終り。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/17 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/19 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/18:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/17 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/12/19 »