« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/13 »

2018年8月12日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2018/8/12

Jacques Derrida: Marges de la philosophieのla mythologie blanche(「白い神話――哲学テクストのなかの隠喩」)読みつぐ。Exergue(銘)の節のつづき~Plus de me+'taphore(さらなる隠喩)の節の途中まで。
   *
髙木仁三郎『反原子力文選』の原稿通読つづける。鈴木さんが作成したファイルの修正追加+仮ゲラ印刷も。「専門的批判の組織化について」20ページ、スミ。
   *
「加藤尚武著作集第7巻_本文.txt」で『環境倫理学のすすめ』の「2章 『中之島』ブルース――または人間にたいする自然の権利」を通読+ファイル一括修正、スミ。11ページ。
   *
「現代詩手帖」8月号、読みつぐ。宗近真一郎が対談で隠喩について発言しているが、ちょっと違う。ただし換喩論の跋扈にたいして批判しているのは正しい。《一行で世界を言い切れなくていい、部分部分で構成せずに言えばいいという、ある意味で世界との和解を感じます。それは、市民社会におけるポピュリズムの優勢と共犯的です。》世界との和解というより妥協と言うべきだろう。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/13 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/74021568

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/12:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/13 »