« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/10 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/12 »

2018年8月11日 (土)

思考のポイエーシス・日録篇2018/8/11

デイヴィド・ヒューム/大槻春彦訳『人性論(二) 第一篇 知性に就いて(下)』(岩波文庫) 読みはじめる。「第四部 懐疑的哲学体系及びその他の哲学体系に就いて」の第一節を読む。
   *
中本道代詩集『接吻』読了。中本の生い立ちがスナップショットふうに織り込まれており、珍しく具体性をもった詩集だ。ほかに犬や蛇、狸、トカゲなど動植物が影の主役になっている作品も多く、そこに冷静だが細やかな情念を通わせているところが、さすがだ。
   *
「加藤尚武著作集第7巻_本文.txt」で『環境倫理学のすすめ』の「1章 環境倫理学の三つの基本主張」を通読+ファイル一括修正、スミ。8ページ。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/10 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/12 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/74017846

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/11:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/10 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/8/12 »