« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/6 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇7/8 »

2018年7月 7日 (土)

思考のポイエーシス・日録篇7/7

「現代思想」5月号(パレスチナ問題特集)読みつぐ。鵜飼哲・臼杵陽対談を興味深く読む。イスラエルという国の問題が深くえぐられている。安倍政権がこそこそイスラエルとつるもうとしていることにも注意が向けられている。
   *
Jacques Derrida: De la Grammatologieの第2部第3章/III/Ce <<simple mouvement de doigt>>. L'e+'criture et la prohibition de l'inceste(この「指の単純な動き」。エクリチュールと近親相姦の禁止)の節のはじめ~。
   *
加藤尚武著作集第8巻収録予定の単行本未収録論文「究極の持続可能性」の鈴木さん作成の仮ゲラ通読+ファイル追加修正。1節~5節、12ページ分。
   *
『世界の名著51/ブレンターノ フッサール』でフッサール「デカルト的省察」の「第五省察 モナド論的相互主観性としての先験的存在領域の解明」の第五十一節~第五十四節。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/6 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇7/8 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/73818041

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇7/7:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/6 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇7/8 »