« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/16 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/18 »

2018年7月17日 (火)

思考のポイエーシス・日録篇2018/7/17

「ちくま」1月号に目を通す。湯浅博雄さんがブランショ『終わりなき対話』について紹介記事を書いている。
   *
きのう読み終わった『独露比較農民史論の射程――メーザー、ハックストハウゼンからミッテラウアーへ――』の「I-2 アウグスト・フォン・ハックストハウゼン『ドイツ農民論』(翻訳)」の仮ゲラ印刷79ページ分。
   *
6時まえ、パレスホテルへ。読売・吉野作造賞贈賞式に参加。始まるまえに受賞者の深井智朗さんに挨拶。贈賞式を見聞きしたあと、軽い食事をしているあいだに堀之内出版の小林さんを見つけ、お祝い品代を渡し、春秋社・澤畑社長と小林編集部長としばらく話をして早めに退出。帰りに受賞作『プロテスタンティズム――宗教改革から現代政治まで』(中公新書) ほか受賞関連の雑誌類をもらう。本はすでに4版となっていた。
   *
Jacques Derrida: De la Grammatologieの第2部第4章/Histoire et syste`me des e+'critures(歴史とエクリチュールの体系)の節のはじめ~。
   *
デイヴィド・ヒューム/大槻春彦訳『人性論(一) 第一篇 知性に就いて(上)』(岩波文庫) の「第二部 時空観念に就いて」の第四節の途中まで読む。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/16 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/18 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/73874879

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/17:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/16 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/18 »