« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/13 »

2018年7月12日 (木)

思考のポイエーシス・日録篇2018/7/12

「みすず」6月号に目を通す。岡真理さんのパレスチナ論の連載が終了。
   *
加藤尚武著作集第13巻に追加収録予定の単行本未収録論文「シェリングの芸術哲学」の通読+ファイル修正をつづける~終り。元本で12ページ分。仮ゲラ印刷23ページ。つづけて「ショーペンハウアーの芸術哲学」もスミ。仮ゲラ印刷13ページ。これで第13巻の追加分も終わる。
   *
デイヴィド・ヒューム/大槻春彦訳『人性論(一) 第一篇 知性に就いて(上)』(岩波文庫) の「第一部 観念・その起原・構成・結合・抽象などに就いて」の第一節、読む。一般的命題=《初めて出現する単純観念はすべて、該観念に対応し且つ該観念によって正確に再現される単純印象から来る》(31ページ) という単純な反映論。しかも観念に印象が先立つ、というもの。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/13 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/73847210

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/12:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/11 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/7/13 »