« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/17 »

2018年5月16日 (水)

思考のポイエーシス・日録篇2018/5/16

『加藤尚武著作集第6巻 倫理学の基礎』見本できる。
   *
瀬戸賢一『よくわかるメタファー――表現技法のしくみ』(ちくま学芸文庫)の第九章を読む。メトニミーの分類学。
   *
『ヨーロッパの内戦――炎と血の時代一九一四―一九四五年』の鈴木さん作成の修正ファイルのチェック+修正をしながら通読、つづける。第2部第7章「戦争批判」の「闘うミューズ」~「合法性と正当性」~「『危険な関係』」~「倫理的ジレンマ」の節、スミ。この章もスミ。さらに最後の第8章「反ファシズムの二律背反」の「啓蒙思想と反啓蒙思想」~「スターリン主義」~「ホロコースト」の節、スミ。これでこの章もスミ。すべて読了。
   *
細見和之『「投壜通信」の詩人たち――〈詩の危機〉からホロコーストへ』のマラルメ論の途中~。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/17 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/73499376

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/16:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/15 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/17 »