« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/12 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/14 »

2018年5月13日 (日)

思考のポイエーシス・日録篇2018/5/13

トマス・ホッブズ『リヴァイアサン(四)』(岩波文庫) の「リヴァイアサン〔ラテン語版」への附録」第2章「異端について」読む。つづけて第3章「リヴァイアサンに対するいくつかの反論について」も読む。これでようやく『リヴァイアサン』読了。
   *
『ヨーロッパの内戦――炎と血の時代一九一四―一九四五年』の鈴木さん作成の修正ファイルのチェック+修正をしながら通読、つづける。第1部第4章「敵を裁く」の「粛清」~「特赦」の節、スミ。これでこの章と第一部、終了。つづけて「第2部 戦争文化」の「第5章 勃発」もスミ。
   *
瀬戸賢一『よくわかるメタファー――表現技法のしくみ』(ちくま学芸文庫)の第六章を読む。

|

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/12 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/14 »

思考のポイエーシス・日録篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/73480138

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/13:

« 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/12 | トップページ | 思考のポイエーシス・日録篇2018/5/14 »