« 読み書き日録2017/8/6 | トップページ | 読み書き日録2017/8/8 »

2017年8月 7日 (月)

読み書き日録2017/8/7

加藤尚武著作集第1巻の単行本未収録論文の「カントとドイツ観念論」のテキスト処理(加藤尚武マクロの修正と一括処理、見出しタグ付け、表記統一など)~通読とさらなるファイル修正、スミ。
   *
「りんごの木」46号に目を通す。荒木寧子編集。
   *
「αρχη」16号に目を通す。中原秀雪編集。
   *
『石川啄木全集 第二巻 詩集』の「詩稿ノート」の「残花帳」の部のつづき。「閑天地」21篇、読了。「はてしなき議論の後」も。
   *
柄谷行人『世界史の構造』(岩波現代文庫) の序説「交換様式論」の7節~「第一部 ミニ世界システム」の「序論 氏族社会への移行」読む。
《私がここで書こうとするのは、歴史学者が扱うような世界史ではない。私が目指すのは、複数の基礎的な交換様式の連関を超越論的に解明することである。》
《世界共和国への移行に関する手がかりを見出すことである》(47ページ)
としている。

|

« 読み書き日録2017/8/6 | トップページ | 読み書き日録2017/8/8 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/71359429

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/8/7:

« 読み書き日録2017/8/6 | トップページ | 読み書き日録2017/8/8 »