« 読み書き日録2017/6/4 | トップページ | 読み書き日録2017/6/6 »

2017年6月 5日 (月)

読み書き日録2017/6/5

「季刊 未来」夏号のための原稿を[出版文化再生29]として書く。タイトルはいまのところ「加藤尚武著作集の刊行へむけて」とする。印刷してみると予定より短かったのでさらなる補足をしてとりあえず完成。ほぼぴったりか。
   *
アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)II 国家社会主義運動』(角川文庫) の「第十一章 宣伝と組織」のはじめ~。
   *
森洋子『ブリューゲルの世界』の第3章「作品篇2 聖書の世界――ヒエロニムズ・ボスなど先人画家への挑戦」のはじめ~。《バベルの塔》《反逆天使の転落》の図像学的読解。
   *
テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』の第三部「いくつかのモデル」の「III 形而上学についての省察」の4節を読む。
   *
『石川啄木全集 第二巻 詩集』の.「雑誌に発表された詩」の部、読みはじめる。
   *
『新潮世界文学32 リルケ』で「マルテの手記」読みつぐ。

|

« 読み書き日録2017/6/4 | トップページ | 読み書き日録2017/6/6 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70773674

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/6/5:

« 読み書き日録2017/6/4 | トップページ | 読み書き日録2017/6/6 »