« 読み書き日録2017/6/22 | トップページ | 読み書き日録2017/6/24 »

2017年6月24日 (土)

読み書き日録2017/6/23

『ホモ・コントリビューエンス』の仮ゲラ通読、つづける。幸津國生「〈貢献〉する態度と〈人間〉であること」7ページ、「『貢献』・『人間』の語義について」20ページ、読了。不要な部分もいろいろあり。
   *
G・W・F・ヘーゲル『歴史哲学講義(上)』(岩波文庫) の序論の「D 世界史の地理的基礎」のつづき~終り。
《_¨アジア¨_は日の出の地域です。アジアはアメリカの西に位置しますが、旧世界の中心とおわりをなすのがヨーロッパで、そのヨーロッパが絶対の西ですから、アジアは絶対の東です。アジアのうちに精神の光がたちのぼり、それとともに世界史がたちあらわれます。》(170ページ、傍点─原文)
 勝手な序列化だ。
   *
「イリプスIInd」22号、読了。藤井貞和シンポジウムの後半とアドルノ/ツェラン往復書簡を読む。
   *
ダグラス・ラミス『ダグラス・ラミスの思想自選集 「普通」の不思議さ』の「イデオロギーとしてのアメリカ近代化論」の4節を読む。

|

« 読み書き日録2017/6/22 | トップページ | 読み書き日録2017/6/24 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70949079

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/6/23:

« 読み書き日録2017/6/22 | トップページ | 読み書き日録2017/6/24 »