« 読み書き日録2017/6/20 | トップページ | 読み書き日録2017/6/22 »

2017年6月21日 (水)

読み書き日録2017/6/21

「NO NUKES Voice」12号、読みつぐ。山城博治さんのインタビューほか、発行人松岡利康さんの蒙った出版弾圧事件の詳細など、「共謀法」なる戦前治安維持法再現の陰湿悪質ぶりを暴く記述は貴重。闘争することは命がけになってきた。
   *
『ホモ・コントリビューエンス』の仮ゲラ通読、つづける。加藤尚武「『Human』と『貢献心』――『Human』をどう読むか」読む。この論文もスミ。これで加藤尚武さんの論文4本はスミ。
   *
ジャック・デリダ[足立和浩訳]『根源の彼方に――グラマトロジーについて 上』の長い訳者あとがき(I)のつづき~終り。デリダがハイデガー的呪縛から脱却できていないことを「息切れ」と指摘するなどユニークな解釈がみられるが、この時点ではデリダの解説は至難のものだったろう。

|

« 読み書き日録2017/6/20 | トップページ | 読み書き日録2017/6/22 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70926988

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/6/21:

« 読み書き日録2017/6/20 | トップページ | 読み書き日録2017/6/22 »