« 読み書き日録2017/5/8 | トップページ | 読み書き日録2017/5/10 »

2017年5月 9日 (火)

読み書き日録2017/5/9

萬書房からダグラス・ラミス『ダグラス・ラミスの思想自選集 「普通」の不思議さ』とどく。代表からの挨拶文付き。ラミスさんからの寄贈。これは読む価値がありそうだ。
   *
加藤尚武著作集の『哲学の使命――ヘーゲル哲学の精神と世界』のファイル修正+通読、つづける。「第六章 創造以前の神の叙述」のはじめ~5節。
《「創造」を語るヘーゲルの本音は〈概念の世界支配〉という論理的汎神論である。》
   *
「季刊 びーぐる 詩の海へ」35号、読了。なかなか読み応えのある号だった。
   *
「詩的断章」の詩誌掲載予定用の原稿を縦組み52字19行で印刷してみる。最近書いた沖縄詩篇2篇を入れても24ページで収まることがわかる。いちおうこれでいけそう。あとはタイトルだが。
   *
テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』の第三部「いくつかのモデル」の「I 自由――実践理性批判へのメタ批判」の10節~11節を読む。
   *
「アリゼ」178号に目を通す。

|

« 読み書き日録2017/5/8 | トップページ | 読み書き日録2017/5/10 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70511007

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/5/9:

« 読み書き日録2017/5/8 | トップページ | 読み書き日録2017/5/10 »