« 読み書き日録2017/5/16 | トップページ | 読み書き日録2017/5/18 »

2017年5月17日 (水)

読み書き日録2017/5/17

加藤尚武著作集の『哲学の使命――ヘーゲル哲学の精神と世界』のファイル修正+印刷+通読、つづける。「プロムナード3」スミ。つづけて「第十章 空と弁証法――『懐疑主義』論文をめぐって」もスミ。
   *
ヘイドン・ホワイト[上村忠男編訳]『歴史の喩法――ホワイト主要論文集成』の「第三章 歴史の喩法――『新しい学』の深層構造」読む。ヴィーコの『新しい学』におけける隠喩、換喩、提喩、反語という修辞的トロープによる歴史解釈を肯定的に論じている。この本のタイトルもそこから採っているようだ。
   *
『世界の文学 フロベール』(世界の文学15) の「三つの物語」のなかの「聖ジュリヤン伝」読みはじめる。

|

« 読み書き日録2017/5/16 | トップページ | 読み書き日録2017/5/18 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70590907

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/5/17:

« 読み書き日録2017/5/16 | トップページ | 読み書き日録2017/5/18 »