« 読書日録2017/3/7 | トップページ | 読書日録2017/3/9 »

2017年3月 8日 (水)

読書日録2017/3/8

「みすず」3月号、読了。岡真理の、世界の矛盾を集約したようなパレスチナ・レポートを読む。いつも感心する。
   *
「越境広場」3号、読みはじめる。まず仲宗根勇さんの論文を読む。法律論に根ざした安倍強権政権の無法ぶりをこの間の辺野古・高江の闘いの経緯を明快に解説してくれる。その強権政治ぶりが沖縄においてとみに顕著になっていると指摘している。これはどうも昨年12月26日の翁長県知事による辺野古埋め立て承認の取り消しの取り消しという大いなる裏切り以前に書かれたものと思われる。この件は『沖縄思想のラディックス』の「総括的まえがき」の厳しい翁長批判を読んでもらう必要がある。
   *
「季刊 未来」春号のための[出版文化再生28]の原稿を一気に書く。タイトルはとりあえず「大いなる裏切り――辺野古埋立て承認取消しの取消し」とする。


|

« 読書日録2017/3/7 | トップページ | 読書日録2017/3/9 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/69855232

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日録2017/3/8:

« 読書日録2017/3/7 | トップページ | 読書日録2017/3/9 »