« 読み書き日録2017/3/25 | トップページ | 読み書き日録2017/3/27 »

2017年3月26日 (日)

読み書き日録2017/3/26

桑野隆『20世紀ロシア思想史――宗教・革命・言語』の第2章「実証主義を超えて」読了。
   *
日本の民話別巻3『みちのくの和尚たち』の初校通読、つづける。pp. 109-147. 第一部中世の部5話20ページ。さらに近世の部6話17ページ。
   *
テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』読みつぐ。序論10節~13節。
《へーゲルのもとでは、思想はつねにその対象から、それ自体においてすでに思想であるものしか取り出しはしない》(38ページ)
   *
Gustave Flaubert: Madame Bovary 第3部IV章、読みはじめる。
   *
「現代詩手帖」4月号、読みつぐ。詩篇のほか、北川透・吉増剛造による鮎川信夫賞選考対談の途中まで。

|

« 読み書き日録2017/3/25 | トップページ | 読み書き日録2017/3/27 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/70056866

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/3/26:

« 読み書き日録2017/3/25 | トップページ | 読み書き日録2017/3/27 »