« 読み書き日録2017/3/17 | トップページ | 読み書き日録2017/3/19 »

2017年3月18日 (土)

読み書き日録2017/3/18

「アリゼ」177号に目を通す。
   *
星野太『崇高の修辞学』の「第六章 「美学的崇高」の裏箔――カント『判断力批判』における修辞学」読む。カント美学の修辞学批判の根底に修辞学が混入しているという問題を指摘している。
   *
日本の民話別巻2『みちのくの長者たち』の初校通読、つづける。第一部岩手県8話21ページ、山形県3話9ページ、秋田県1話4ページ。

|

« 読み書き日録2017/3/17 | トップページ | 読み書き日録2017/3/19 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/69969814

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/3/18:

« 読み書き日録2017/3/17 | トップページ | 読み書き日録2017/3/19 »