« 読み書き日録2017/3/11 | トップページ | 読み書き日録2017/3/13 »

2017年3月12日 (日)

読み書き日録2017/3/12

「タンブルウィード」創刊号に目を通す。若尾儀武さんが立ち上げた同人詩誌。読んだことのあるひとが何人も入っている。
   *
中島吉弘『梯明秀の物質哲学』の原稿読み+テキスト修正、つづける。「第二章 全自然史の思想と労働の疎外」スミ。
   *
Gustave Flaubert: Madame Bovary 第3部のIIの章の途中まで。
   *
日本の民話75『奈良の民話』の初校通読、つづける。pp. 252-307. 吉野(南和)の部18話42ページ+わらべ唄14ページ。この巻も読了。これで残すは別巻4冊のみ。
   *
星野太『崇高の修辞学』の「第二章 情念に媒介されるイメージ――『パンタシアー』と『パトス』」読む。
   *
『リルケ全集3 詩集III』の「ドゥイノの悲歌」の「第六の悲歌」の第4節の註解。

|

« 読み書き日録2017/3/11 | トップページ | 読み書き日録2017/3/13 »

読書日録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/69898147

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き日録2017/3/12:

« 読み書き日録2017/3/11 | トップページ | 読み書き日録2017/3/13 »