« 思考のポイエーシス168 詩人と散文家の分かれるところ | トップページ | 思考のポイエーシス170 ルソーの自然法理解 »

2012年9月30日 (日)

思考のポイエーシス169 ニーチェのカント批判

 ニーチェはカントの〈定言的命法〉がよほど嫌いだったらしい。カントの道徳的判断の悲愴なことばにたいしてほとんどアレルギー的とも言える反応を示している。
 ニーチェはこんなふうに書いている。
《「こういう場合には、誰でもそういう風に行為しなければならぬ」と、相変わらず判断する者は自己認識にかけては未だヨチヨチ歩きの赤ん坊といったところだ。そうでもなければ、彼は、世に同一の行為もないし、またありえないことを、知るはずなのだ、――また、なされた行為のいかなるものも全く唯一のやり直しのできない仕方でなされたものであることを、もちろん未来の行為のいっさいにおいても事情は同様であるだろうことを、行為のあらゆる規定は粗大な外面だけに関したものだということを(中略)彼は知るはずなのだ。(中略)だが、われわれときては、_¨われわれが本来それであるところの者となることを欲するのだ¨_、――新しい人間、一度きりの人間、比類ない人間、自己立法的な人間、自分自身を創造する人間に、なることを欲するのだ。そのためには、われわれは、世界におけるいっさいの法則的なもの、必然的なものの、こよなき学び手となり発見者とならねばならない。》(ニーチェ『悦ばしき知識』第四書335節、傍点原文)
〈超人〉を志向するニーチェからすれば、カントの〈定言的命法〉にもとづく道徳的な公準がどれほど幼稚に見えたかは想像するにあまりある。カントは一般的な普遍性をめざし、ニーチェは個の超越性と独自性をめざした。ここにおそらくドイツ哲学の両極の姿が映っているのだろう。現代のわれわれもみずからの社会的実存においてはこの両者の微妙なバランスと選択のうえで生きているのであって、どちらかに徹底することは残念ながらなかなかできない。そこに哲学がそれぞれひとつの指標として立っていることが重要なのである。(2012/9/30)

|

« 思考のポイエーシス168 詩人と散文家の分かれるところ | トップページ | 思考のポイエーシス170 ルソーの自然法理解 »

2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007862/47262052

この記事へのトラックバック一覧です: 思考のポイエーシス169 ニーチェのカント批判:

« 思考のポイエーシス168 詩人と散文家の分かれるところ | トップページ | 思考のポイエーシス170 ルソーの自然法理解 »